teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ヤナギダ カツミ

 投稿者:re:リンクがずれています  投稿日:2014年11月29日(土)20時51分31秒
  本当ですね。
ご指摘ありがとうございました。
早速直しておきました。
 
 

リンクがずれています

 投稿者:秀SAN  投稿日:2014年11月25日(火)22時50分8秒
  HP楽しく拝見させていただいています。
オーディオ関係のHPのタブのタイトル名とリンク先の内容がずれて合っていない物が有ります。
お時間あれば直して頂ければと思います。
 

時代の終焉

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年11月23日(日)03時33分35秒
  今日オシロカメラ用ポラロイドフィルムの販売状況を調べたら
もはやFP3000と言うタイプは、ほとんどのサイトで販売が終わっていました。

ポラロイド社からはとっくに生産が終了していて
根強くフジフィルムから数年前まで生産が続けられていた白黒フィルムでした。

私はずっとこれで真空管カーブトレーサーの多重露出写真を撮ってきたため、
本格的にフィルムが入手でき無くなって、ちょっと焦っています。

現在の所有は10枚パックが20個入っている箱、つまり200枚のセットが
8箱なので、1600枚は確保しています。

ただしこのフィルムは生ものに近いので、年間100枚で16年という計算は成り立ちません。
実際に賞味期限内でも、現像液が変質して無駄が出ることが多々あります。

つまり節約してチビチビ使っても意味が無いのです。デジタル化を急がねば。

 

汝、数値依存症になる事無かれ

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年11月 7日(金)01時44分11秒
編集済
  最近目にする何百万アクセス、何千万ダウンロードという数値。
点数主義で養殖されている私たちは、ここに飛び付きます。

それは仕方ないとしても、自分のコンセプトはそこにあるのか、
それを忘れないでください。

何億アクセスという「神」に取り込まれる日もあるでしょう。
その時、私たちはそれが当然だと思っていますから。

 

ありがとうございます。

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年11月 5日(水)22時54分44秒
  22日もベストを尽くしますので、よろしくお願いします。  

30年振りの奇跡

 投稿者:noah  投稿日:2014年11月 3日(月)22時09分32秒
  11・1レコーディングではお世話になりました。変わらぬいい音、
いい場所で演奏出来て幸せです。参加メンバーも喜んでいました。22日も引き続きよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

http://noah-1963.wix.com/noah1963

 

同感!

 投稿者:タキザワ  投稿日:2014年10月18日(土)04時23分6秒
  http://www.gruri.jp/article/2014/08181100/  

科学者になりたい

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年10月10日(金)00時27分12秒
編集済
  コンピューターと、ヒトの脳を比べて学ぶものは多くあります。
まず知識やデータ、これはメモリーでしょう。

物知りに対し「頭イイ!」と言うのはこのレベルです。

その上位にCPU、つまりそれらをいかに早く処理するかの計算能力があります。
さらにその上位に、それを何に活用するかと言うアプリケーションがあります。

その上位に、それが社会の幸福にどう機能、貢献するかという哲学があります。
こうした全過程を内に秘めたのが「科学者」であり、私はこれになりたいと思っています。

そして漠然とした表現ですみませんが、これは脳の活動を微分しているようにも見えます。



 

一度食べてみたいもの

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年10月 9日(木)02時26分11秒
  それは大阪の「キャベツ焼き」と称するものです。
マンガ「ナニワ金融道」の中で出てきて、食べたいなーと思いました。
それにしても連帯保証人のハンコは、地獄の入り口ですね。
 

ヒーター電圧のナゾ

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年10月 1日(水)03時11分48秒
編集済
  もともと真空管はバッテリー駆動から始まっているので、
電池という化学的起電力1,5Vの倍数として6,3Vが決まったと思いますが、
ならばを整流管を5Vとしたのはなぜでしょうか。

わかりました。それは整流が必要となった時、バッテリーの化学的起電力は不要となり、
交流電源の電圧が5の倍数で、トランスのコイルを巻く時にわかりやすかったからです。

その後フィラメントは直接エミッションを出さず、高性能なカソードが機能しています。
だからヒーターは5Vでも6,3Vでもほとんど差が出ません。
 

re:2C39A

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年10月 1日(水)02時08分9秒
  ゴッドファーザーとして、ぜひ見て、聴いてやってください。

この後晴れて4-400HVTCシングル80Wの製作が始まります。
G2に常時2000Vピークで4000Vという球の耐圧問題は、
意外とあっさり行けるような気がします。

むしろ他の部品の耐圧、冷却、安全、収納といったハードウエアのレイアウトを
如何にコンパクトに、かつ合理的に作り込むかが面白いところでしょう。

その手始めとして、今まで使っていた40W:8Ω のダミーロードをやめ
新しく160Wヒートシンク付きのものを製作しました。

 

2C39A

 投稿者:タキザワ  投稿日:2014年10月 1日(水)00時18分48秒
  いやー完成おめでとう御座います。
と言うか「この球でアンプを?なんて軽い気持ちで嗾けてしまった責任を感じております」
50年も昔!中学生の無線少年の頃、「送信機の終段に3極管で云々、、、」の記事を見て、当時100TH等の高価な球が買えない無銭少年は色々いたずらして6SN7をグランデッドグリッドで30Wもプレートにぶち込んだり!して遊んでいました。そんな乱暴な無銭家?の発想でヤフオクの2C39Aを見たとき柳田さんにイケナイ連絡を入れてしまいました。
早く拝見に伺いたいのですが、再度の眼底出血など野暮用で動けなっかたのですが来週以降には連絡の上伺わせて戴きます。アンプとの対面、ドキドキです。
 

2C39ソケットアダプター壊れる!

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 9月28日(日)00時55分22秒
  調整が終了して電源を切ったとき、ソケットアダプターから火花が飛び
ヒューズも飛んでしまいました。電極間も焦げています。

2個買った内の片方だけ、内部配線の具合が悪いようで漏電している風です。
もっとも1000Vオーバーを想定していない部品なのかもしれませんが。

もう片方はなんともないので、早速もう3個買って実験再開です。
 

2C39シングルついに完成

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 9月24日(水)06時24分16秒
  いやー長かった。けどついに完成しました。

http://our-house.jp/2c39-6/index.htm

 

リチウムイオン電池未だ健在なり

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 9月17日(水)01時50分45秒
  すっかり忘れていましたが、リチウムイオンバッテリーによるバックアップ冷却、
毎年交換かと思いきや、3年たってもまったく問題ありません。

これなら皆様におススメできます。
今日も電源を切ってから20分経ちますが、まだ回ってます。
 

2C39シングルアンプ製作再開

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 9月15日(月)22時09分20秒
  やーっと2C39シングルの製作が始まりました。コンデンサの収納に迷うこと2年。
これを終わらせないと他が始まらないので、年内完成を目指します。
 

豪雨から学べ・・・ないでしょうね。でも

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 8月26日(火)23時51分41秒
  誰もが語る「何十年もこんなことは無かった。」というセリフ。
それらは全て通用しない時代なので、今までの経験をリセットしなければなりません。

しかしここでプライドが邪魔をします。今までの人生はなんだったのか?
そう感じたとしても、できるだけ早くその場から離れてください。

住んでいる場所はは同じでも、もはや別の場所だと言う感覚を持った人だけが
これからは生き残れます。

経験を見直すのは、ご自分の人生を否定することではありません。
 

スゴい兵器

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 8月 4日(月)21時15分33秒
編集済
  それはなんと言っても、水木しげる先生が考えた「妖怪光線」でしょう。

とにかくこの光線に当たったら、戦車も大砲もみ~んな草ぼうぼうになって
使い物になりません。

破壊するのではなく、発掘前のアンコールワットのようにしてしまう。
近代科学では、まだまだ不可能な超高等技術です。

ちなみに私の息子に「草」(そう)と名付けたのも
実はこのあたりから来ています。
最近孫が産まれ、クソジジイになりました。
 

最近気になるスピーカー

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 8月 4日(月)08時52分16秒
  それははっきりいってゼニス(ZENITH)です。

1918年からイリノイ州シカゴにある、アメリカ東海岸系電気メーカーですが、
まず社名自体、創始者が若かりし頃のアマチュア無線のコールサイン
「9ZN」から取っていると言うのがカッコいい!

かつての作品はボイスコイルのボビンも細く、軽そうなコーンが楽しい。
最近のスピーカーはでっかいマグネットと立派なコーン紙が当然ですよね。

そこで、うざったい私は徹底的に軽量化を図ったゼロ戦と、グラマンヘルキャットなどを、
このような部分に重ねてしまうわけです。



 

なーるほど!

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 8月 4日(月)06時36分5秒
  ありがとうございます。
やっぱり変調前後のNFBはは必要になりそうですね。

復調後の「なまり」は気が付きませんでした。
変調時の周波数特性でエンファシス、復調じにディエンファシス
みたいな、レコードのRIAA的な事も重要なのでしょうね。

ともかくコアレスOPTを目指し、がんばりますです。
 

レンタル掲示板
/44