teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


電波法?

 投稿者:Cheap Chic Audio  投稿日:2015年 6月 6日(土)15時24分2秒
  FMで1ヶ月近く留置場ってコミュニティ局でオーバーパワー?長いですね?よほど。。。。  
 

最近の興味

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 6月 6日(土)02時14分1秒
  これははっきり言ってCSPPクロスシャントプッシュプルです。
ただしウルトラリニアも含め、これらトランスをいじる回路は評価が分かれます。

製作礼でもCSPPにしたら最初は良くなかったがだんだん良くなってきた、など
・・・これはどうでしょう。

原理的には良いはずなのですが、理想状態の夢なのでしょうか。
理想トランスと現実トランスという概念が気になります。

それでもCSPPは、私にとってバックロードホーン的ロマンを感じるのですが、
ただ一つドライブ電圧が高いことに対する対策で、誰もが普通に正帰還、
つまりブートストラップで納得している点が、とても気になります。

これはマッキントッシュがやっているからOKということなのでしょうか。
ウルトラリニア同様、音がボケるという評価が気になります。
 

失礼しました

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 5月30日(土)07時00分20秒
  マッキントッシュアンプのカソードフォロワのプレー帰還は
ドライブ電圧を支えるための正帰還だったんですね。

実は今までマッキントッシュアンプがCSPPだったことも
知りませんでした。

バイファイラ巻きというのも、かつてFM放送で1ヶ月近く
三田警察の留置場にいた時のことを思い起こします。

当時(30年前)は効率の良いトロイダルコアで高周波アンプを実験していました。
スプリアスの出ないアンテナの設計も楽しかったです。
 

悩める5月のある日

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 5月25日(月)23時12分30秒
  ダウンロードしたPDFを整理していると、マッキントッシュの
MC275のファイルがありました。

マッキントッシュアンプはトランスが複雑で分かりにくく、
「世の中には頭のイイ人がいるもんだな~。」などと眺めてました。

しかしふと見ると、出力トランスの別巻き線から
ドライバーであるカソードフォロワのプレートに繋がっているではありませんか。

これってあの超3極XXX。もしかしてマッキントッシュがパクッた・・・?
いや、しかしそれでは時間軸が・・・。

よくわかりません。

 

re:fu50

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 5月25日(月)21時42分15秒
  読んでいただき大変うれしく思います。
「アヴァンギャルド的」は最高のお褒めの言葉と感じます。

電子ビームはカソードやG2の微妙な工作精度から、
均等にプレートに散らばってくれない場合がありますが、
それが3結において顕著に出るような気がします。

実際4-400AのHVTCでも部分的に赤化が起きていますが
572Bなどは全体的に赤くなりますので、
ある意味高圧3結は無理な使い方といえるかもしれません。

しかしやめられないんですよ・・・・。
最近はHVTCもPPの活用方法が見えてきて
6P3S(6L6)の3結PPで37Wというアンプを設計しています。

「高価なヴィンテージ球なんてファックオフだぜ!」
てな感じでしょうか。




 

GU-50, FU-50, LS-50

 投稿者:Cheap Chic Audio  投稿日:2015年 5月24日(日)20時59分38秒
  アヴァンギャルド的真空管アンプの数々、いつも楽しく読ませてもらっています。

GU-50(FU-50)のHVTCの応用を考えています。電極の損壊を経験されたとのことですが、当方も経験上G2の最大定格電圧は、三結のときはあまり厳密に考えなくても良さそうだと思っています。

GU-50のもとになったドイツ軍用のLS-50の規格はインターネット上でおそらく見ておられると思います。それには三結(ただしG3は接地)のEp-Ip特性も載っており、横軸は1,300V迄描かれています。規格表ではプレート定格電圧は400V、最大定格電圧は800Vとされており、ヤナギタ理論を裏づけております。ただ、その規格表の最大プレート耐圧は40Wとなっておりますが、その一方で最大プレート電流が30mAと少なく書かれておりその理由は分かりません。400Vで80mA位まで流しても問題なさそうなのですが。。。折角G3が別個に引き出されているので、G2、G3ともにプレートに結ぶのは賢明な方法と思います。


 

意外な質問

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 5月23日(土)03時07分59秒
  私が時々いっしょに出演しているバンドがあるのですが、
そのリーダーが、シールドって方向性があるんですね。と言って来ました。

確かにケーブルの方向性を語るメーカーもありますが、彼はそんなこと知りませんし
そんなものは錯覚と思っていました。しかし耳で察知するこの質問はスゴイ。

やはり楽器を扱う人間は細かいところを感知しているようです。
別の女の子は、部屋の微妙な残響で練習中に、やりきれないストレスを感じるようです。

だから私にはアンプの音質なんて、評価する資格はありません。
ただ実験あるのみ。そしてミュージシャンがOKを出してくれる
カッコイイ音を作り続けます。
 

ソケットの欠陥修復

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 5月23日(土)01時29分26秒
  4CX250Kのソケットのヒーター接点に
温度的欠陥がありました。

長期間使っていると、アルミパイプの付け根部分のベークが焦げて、
ヒーター回路の接触不良が起きるのです。

そこでこの部分もアルミプレートといたしました。
 

re:ご案内

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 5月22日(金)23時39分25秒
  見てみましたが難しいですね。
数式だらけは頭が追いつけませんし
、文章だらけは目が追いつけません。

もっと訓練しなくては・・・。

http://our-house.jp/6L6%20kf/index.htm

 

ご案内

 投稿者:糊男  投稿日:2015年 5月19日(火)08時49分22秒
編集済
  私の知り合いが「難しい事に」お励みです。

入室の 「アブだからブラ」・「呪文」は 「bbs」と 唱えれば 開きます。

ずっと以前 ・・・途中までは 参加しておりましたが 私の スキル不足 経験値足らず 門外漢ゆえ 「外部のギャラリィー状態」と なっております。

ご事情があり・管理人様には お忙しい中とは 思いますが ・・・お手すきの折に 覗いて下さい。

掲示板・その他 お疲れの出ないように 工夫して お励み下さい。

久々の投稿で ご迷惑でしょうが ・・・これにて 失礼致します・・・ では また。


http://amp.umetech.com/ariq/joyful.cgi
 

カソードフォロワのレポート

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 5月11日(月)20時17分55秒
  今後若干修正が入るかもしれませんが、なんとか作ってみました。

http://our-house.jp/6L6%20kf/index.htm

 

最近の目標

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 5月 5日(火)01時59分6秒
  それはフーリエ変換とかいう数学を、文学的に表現することです。
大学時代サボっていたので高等数学はわかりません。

しかしフーリエさんにチャレンジしてみます。
バカにはバカの理解方法しかないので、ガンバリます!

皆さんのご意見、ご協力もよろしく。

もう一つの課題、カソードフォロワ特性計測、今日の実験計測は失敗しました。
一瞬これでいけると思ってやりましたが、方法が間違ってました。

でも方法が見えてきました。ガンバリます!

 

淋しい現実

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 4月22日(水)03時53分22秒
  最近どうやらアルミ製のいわゆる弁当箱シャーシが
ほとんど製造中止の方向になっているようです。

あの手のシャーシはダサくて、もはや私のようなダサい人間以外
誰も買わないのかもしれません。

自作アイテムが、また少し減ってきましたが、
マニアックな日本のことですから、またいつの日か復活するかもしれません。

アルミアングルとアルミ板から作ると、とぉ~ってもメンドウなんですよね。
あと、カソフォロの測定方法、いろいろと実験中です。
 

re:5極管カソフォロ

 投稿者:じゃがいも  投稿日:2015年 4月 1日(水)23時15分30秒
  早速お応え頂き厚く御礼申し上げます。
カソードとスクリーングリッドを交流的に結合(Cカプルド)すれば仰る通りの動作になることは理解できます。
が、問題はプレートとスクリーングリッドを抵抗ではなくコイル(インダクタ)にて結合していることです。
無信号時はコイルの直流抵抗で繋がり、スイングすると周波数によってインピーダンス(抵抗値)が大きく変動し、更に励振作用も働きます。
コンデンサーとの共振作用が起きるポイントもあるでしょう。ここが一番美味しいのかも、と考えたりしています。
もしかしてUL動作の様に五極カーブと三極カーブの中間的カーブになるのでしょうか?

この辺りは高周波回路技術なのかも知れませんが、オーディオ回路技術では認識されていない事柄なのだろうと思います。
お手数ですがお調べ頂いた結果を是非公開頂ければと思います。宜しくお願い致します。

 

re:5極管カソフォロ

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 3月31日(火)21時22分28秒
  ホームページを見て頂きありがとうございます。
5極管カソフォロ、なかなか面白そうですね。
実際にはトランジスタのエミッタフォロワー
またはFETのソースフォロワーのようになるので動作は有効でしょう。

ただし電流特性カーブではグリッド電圧が動くと同時に、
カソード電圧も同量動いてしまう全帰還なので、
グリッド電圧が変化したことになりません。

よってプレート特性のような味わい(?)のある独特のカーブではなく、
グリッド電圧の変化分だけ、横軸上を同じカーブが平行移動しているような
状態になってしまいます。

平行移動量はグリッドが10V動けばカーブも横軸上を10V動き
これでゲインが1倍ということになるわけです。

話は反れますが、昔はこれを超3極管特性だとした記事が載ったことがあります。
同様のことをPーG全帰還で行うと、これも超3極管だとする人もいます。

以上を踏まえて今回はカソードフォロワーにおいて3極管接続と5極管接続の、
どちらが優秀か、有効か、有利かなどについて、早速調べてみたいと思います。

貴重なご提案ありがとうございます。
 

五極管カソフォロ

 投稿者:じゃがいも  投稿日:2015年 3月31日(火)01時11分7秒
  ヤナギダカツミさま、初めまして。
こちらを興味深く拝見させて頂いている壮年(最後の真空管世代)男です。
実験中の811A低電圧フィラメント、真に面白い現象ですね。まさか電流が戻るとは。
更新情報は無いかと頻繁にアクセスしております。

さて本題ですが、ラ技誌2012年1月号に6EZ5カソフォロPPアンプの製作記事が掲載されていました。
http://www43.tok2.com/home/kirifuri/article/2012/r-tec1201_6EZ5-cathodeFollow-power-amp_ShiodaH.pdf

このアンプ回路に、五極管で強力にカソフォロドライブするという興味深いアイデアが採用されております。
概略回路は下記の通りですが、これで三極管の様に強力にカソフォロ駆動できるようになることは何となく理解できても、特性曲線がどうなるのかイマイチ分かりません。
もしお時間がありましたら何かの五極管を用いてカーブトレースして頂くことは可能でしょうか。
自作アンプではドライバ段に直結カソフォロドライブを多く採用してきましたが、すべて三極管でした。この回路方式が有効であるなら五極管も選択肢に含められるようになります。
計測が難しいようでしたらご対応頂かなくて構いません。
よろしくお願い致します。

 

日本人の規律

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 3月30日(月)01時41分39秒
  私たちには、他の国の国旗を踏みつけたり、
燃やしたりしてはいけない法律があります。

日の丸が燃やされ踏みつけられても、
そんなことよりもっと大切なことがあるのです。

日本人は半端な民族じゃありません。
だから、こうなったのです。
 

いただきます

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 3月29日(日)19時30分38秒
  本日広島の真空管マニアの方からいただいたドブロクを飲んでます。
一升瓶のキャップをあけると、シャンパンのように炭酸ガスが噴出しますね。

明日は食道ガン治療4年目のCTスキャンの日なのでほどほどにしておきます。
きのうも同様で内視鏡検査でしたが、夜は飲み会になってしまいました。

 

全員天才理論

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 3月25日(水)22時03分12秒
  もしかしたら私たちは、本来誰もが天才的才能を、
持って生まれているのかもしれません。

その評価はあいまいで、ゴッホの絵画が今だに1枚10万円だったら
私たちはゴッホをどう評価したかわかりません。

もし宇宙に神がいると仮定した場合、
神は100億以上の天才を、この世に作るでしょう。

それが宇宙にとって最も合理的だからで、
そこで起きた現象の一つがあなたなのです。

しかし、それに気付くことが無く、人生を終えるのは、
もったいないと思います。
 

日本人の戦争観

 投稿者:ヤナギダカツミ  投稿日:2015年 3月24日(火)00時31分21秒
  たとえばアメリカ人なら「キルドバイジャップ」というフレーズ聞かれます。
しかし日本人は「大空襲で死んだ。」「原爆で死んだ。」とあたかも戦争が自然現象のように語られています。

確かに殺されてはいるけれど、積極的に殺している現実は拒否できません。
どちらが正しいのか、なにが正義なのか、戦争はそこがウヤムヤになりがちです。

しかし日本人は、そこに漂う憎しみから開放されるのが、早い民族かもしれません。
その理由こそが、戦争を自然現象に近い存在として、早々とチャンネルを切り替える
民族性があるのかもしれません。

それができないと、いつまでもその憎しみを理由に文化が成長せず
政治の手段として、格好のアイテムと利用され続けるのではないでしょうか。

だから、こうした憎しみをクリアしてきた日本人が好きです。
クリアして、戦争が大嫌いになった日本人が好きです。

「嫌戦権」これが日本人に与えられた世界に対する権利です。

 

レンタル掲示板
/44