teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


錯覚について

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 5月13日(火)04時48分59秒
  錯覚でよく在るのが錯視つまり視覚によるエラーですが
聴覚によるエラーはあるのでしょうか。

金属表面の加工で、あたかもネルのように感じる技術はできていますし。
要するに脳みそがそう感じたら、それがあなたの感じた現実です。

でも脳はそれほど完璧ではないかも。
 
 

オーデイオ機器の優劣

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 5月13日(火)01時16分59秒
  オーディオは趣味なので、音響的には真空管であろうと、
DCアンプであろうと、お好みでかまいません。

確かにそう思っていましたが、ヤフオクでビンテージスピーカーの
ボイスコイルをDCアンプが焼き切った出品物を見ると、
自己責任という立場以前に、残念でなりません。

スピーカー、と言うより音波においてDCは不要でして、
YLやゴトーのホーンに、DCアンプを直結するのは
リスクを以ってしても重要なのでしょうか。
 

残念

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 4月27日(日)04時08分22秒
  今回オバマ総理大臣が来日しました。
その中でホンダのアシモがボールをキックするシーンがあったのですが
これを活用してほしかった。

つまり「日本にはこれだけの技術がありながら、福島原発ではイマイチです。
アメリカの天才とタッグを組みたいのですが」

といった交渉が気軽に出切る、頭の良い側近がいたらなーと思います。
 

最近の読書

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 4月18日(金)23時50分46秒
  あまり本は読まないグータラですが、「背信の科学者たち」と言う本は、
例えば、ダーウィンでさえも自分より前に進化論を唱えていた人を黙殺してまで
「進化論は自分独自の理論である」としようとする可能性が著してあり、
科学者も、やはり名誉欲と微妙なウソが介在する、普通人なのだと考えさせられます。

そしてオーディオマニア以前に科学者であろうとする私も
「実際、オレはそれ以下かも・・・。」と感じました。

だから、できるかどうかは別として、今後は
驕りやプライドではなく、単純に科学者として
真空管回路をいじりまくります。
 

re:TS520 PT

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 4月17日(木)07時02分54秒
  このトランスは本当にお買い得です。
しかも随時適量がヤフオクで出品されていますから
ステレオ使用で2台必要でも、すぐにそろいます。

こう書くと値上がりしそうで少しいやですが・・・。
そういえばEDCORの10kΩタイプシングルOPTが
また売り切れになっています。

売れ筋だからと、代理店に取り扱い進言した事は良かったと思いますが
新しく入荷するたび為替レートの影響で値上がりしているのが
気になりますね。
 

TS520 PT

 投稿者:元修理人 農家  投稿日:2014年 4月16日(水)11時37分46秒
  記憶では
800vCT付きで
CT整流で10w
ブリッジ整流で100wだったような

数年ほど拝見させてもらってます。
斬新ですね
6BQ5 300v最大なのに
ギターアンプ400vでパラpp50wとか有りますね
空冷fan付いたり

管理人様のように下から吹けば長持ちします
もう良い球は無いのだから 大事に使えば良いですね
 

TS-520の電源トランス

 投稿者:大久保  投稿日:2014年 4月15日(火)10時43分23秒
  以前、トリオのTS-520の電源トランスの詳細についてデータを発表していただきました。
私のところにも何台か転がっていて、そのうち真空管アンプに使おうと思っていましたが、先日やっと実現しました。頭の方から出ている24Vは、もう1台のヒータトランクと組み合わせて36Vにして、40KG6や40KD6のヒータにちょうどいいです。高圧は800V のタップをシリコン整流器でブリッジ整流すると430V位になり、200mAは十分に取れます。
とりあえず報告します。ありがとうございました。

http://www2.ucatv.ne.jp/~m_okubo.moon/

 

ご意見ありがとうございます

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 4月14日(月)12時03分32秒
  そのように割り切っている場合はもちろんOKなのですが
どうしても気になるのが、歪率10%越えとなっているのに、
それを最大出力と誇示する一方で、あまり出力は必要ないといった
矛盾点が記載されている場合です。

アンプ作りが単純な楽しみではなく、自慢の材料に偏りすぎるのは
残念な気がします。
 

Re:理論を分けて考えよう。

 投稿者:大久保  投稿日:2014年 4月14日(月)10時33分44秒
  もうひとつ言いたいことがありました。
ヤナギダさんの言われる「球のポテンシャルを目一杯生かす」という点で、あまりにも腰が引けてしまっているような記事が多いのも気になります。非常に貴重な球をつかうなら別ですが、規格表に最大電圧が250Vと書いているから絶対に越えてはいけないとは考えないで、ちょっと越えたらどうなるか、何が問題か考えてもらいたいと思います。法律ではないのですから、越えたら処罰されるわけではありません。自分で確かめて、理論的に納得してもらいたいです。
といって、なんでも無視できるわけだはなく、真空管を壊さないように使ってもらいたいと思います。特に熱の問題が軽視できません。

http://www2.ucatv.ne.jp/~m_okubo.moon/

 

Re:理論を分けて考えよう。

 投稿者:大久保  投稿日:2014年 4月14日(月)09時43分5秒
  こんにちは、小出力アンプにちょっと関心があり、もっとも小さいものではここでデータの発表されている、6AW8Aの3結シングルアンプも作っています。

私もアンプ製作にはある制約をおいており、それは大出力はいらないので、プッシュプルアンプは作らないということです。私が好きな球はTVの水平出力管で、プッシュプルBクラスでプレートに800V位かければ軽く100W以上出てしまいます。今いる部屋ではせいぜい10Wもあればよいので、シングルで十分、というよりシングルだとある程度歪が残るので、その歪を楽しめます。

完全に制約がない、完全な自由というのはなかなかの曲者で、並の人間には耐えられないものです。そのため手頃なゲームを組み立てるために、ある程度の制約を設けるのが常です。たとえば、この時代に真空管などという前世紀の遺物で何かをするというのは、かなり大きな制約を課しているわけで、それがゲーム(遊び)の大切は要素ではないかと思います。
問題は、それを知っていて楽しんでいるかどうかですね。

http://www2.ucatv.ne.jp/~m_okubo.moon/

 

理論を分けて考えよう。

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 4月14日(月)00時20分19秒
  よく目にするのが小出力アンプを作って、自分は大きな音で聞かないから
これで良しとする文章です。

でもそれは本音でしょうか。本当は球のポテンシャルを
目一杯生かしてあげたいのではないでしょうか。

この球でもこんな素晴らしいことができると
感じたいのではないでしょうか。
 

見事復活したALTEC412

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 4月12日(土)00時57分13秒
  オークションでゲットしたALTEC412ペアは
残念ながら片方にボイスコイルの擦れがありました。

でもヒートガンによる修正や磁気回路のハンマリングで
なんとか復活しました。

ただしヒートガンはくせもので、ワーフェデールのダンパーを
ぐにゃぐにゃに変形させてしまった、苦い思い出があります。
 

re:アベノミリタリー

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 4月 5日(土)21時34分16秒
  兵器産業は儲かるし、戦争で一気に技術は向上するけれど
破壊、復興のコストを考えると、通常の技術開発にまわした方が
世界規模ではお得でしょう。

最近「エコな兵器ってあるのかなー?」なんて考えてます。
枯葉剤のダイオキシン散布なんてサイテーだし、
やっぱり後に破壊や放射能を残さない都市型中性子爆弾が
一番エコな兵器でしょうか。

効率の良い自滅手段がいくらでも残っているのが
コワいところです。
 

アベノミリタリー

 投稿者:タキザワ  投稿日:2014年 4月 5日(土)13時58分27秒
  アベノミクスは目玉が原発では先が無いので「武器3原則」なし崩しで、武器製造輸出で次は「アベノミリタリー」既に「アベジョンイル体制」暴走中!、馬鹿な国民は「景気が~」と呑気?なマスコミで洗脳済み。着々と海外派兵の道へ進行中!「民草」「社畜いや畜民」当事者の若者よ戦争は昔の話ではなくなったよ。  

ナンジャ、コリャー!

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 4月 5日(土)01時26分26秒
  今日竹内まりあさんのCDをスタジオのモニターで聴いていたとき、
試しに真空管アンプのシステムで聴いてみたくなりました。
そのアルバムはアナログが出ていないからです。

もちろんアンプは4CXー250K-HVTCで、高域カットオフは17kHz、
スピーカーはアルテックの412に406のツイーターを組み合わせたインチキ同軸なので
どちらかと言えば中域の張った古めのナローレンジを楽しむはずでした。

しかし出てきた音はエネルギッシュでワイドレンジな高繊細音ではないですか。
表現の難しいフロアタムとベースの分離も良く、これはおかしい。

ここからは自慢ですが、完全無帰還で50W時2%歪、DF6以上、2段増幅という
世界に稀なシングルアンプの実力とは、このようなものなのでしょうか。

これでは音が良すぎて、とても仕事に使えないと感じました。
4CXー250K・・・強過ぎです。
この球は看板を架け替えた方が良いのでは・・・・。



 

これを観ると

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 4月 2日(水)22時49分56秒
  やっぱり自衛隊は軍隊なんだなーと思います。
頼もしいけれど、なんだかコワい・・・。

http://tr.twipple.jp/detail_movie/8b/02537.html

 

真空管におけるエージングの多様性

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 4月 2日(水)10時22分13秒
  かつて秋葉原で真空管を購入していた時は、
エージングなどメーカーがやるものと思っていました。

「魅惑の真空管アンプ」でもエージング中の写真が載っています。
しかし現在流通している真空管はそんな常識は通用しません。

そしてこの不確定性が真空管に都市伝説を与えています。

どう音の違いを感じようと、どんな知識を披露しようと真空管所有者の勝手ですが、
客観性を望むなら、まずは自身による多岐にわたる統計的計測を。
 

どうしようもないもの

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 3月21日(金)01時34分57秒
  STEP細胞の話題で感じるのは、私も常に感じる人の性です。

科学者は真実ありきで客観的にデータを集積するはずですが、
実際は思惑に沿ったデータをついつい集めてしまい、それは計測中いつも思います。

つまりこうあって欲しいというバイアスの中、データを取ってしまうのです。
 

今こそ客観性をプラス!

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 3月12日(水)02時21分38秒
  オーディオは主観性の世界ですが、客観性のテイストで、
更に味わいが増すと考えます。

ところで「記憶は常に変化している」というデータをどう理解しますか。
つまり音の聴き比べで、前のイメージは、その後常時変化していると言う、
脳に起こる現実をあなたは納得できるでしょうか。

そうした脳の欠点も知った上で、オーデイオを楽しみましょう。
これは、「あなたがバカだ。」というような意味では、決してないのです。




 

自作向きトランス?

 投稿者:ヤナギダ カツミ  投稿日:2014年 3月10日(月)00時12分39秒
  琴平様の書き込みからヒントを得たのですがトランスの自作に当たっては
原点に戻ってIコアと言うのはどうでしょう。

確かにEIコア、カットコア、トロイダルコアと無駄はなくなりますが
無駄こそ趣味の醍醐味と考えればこれもアリではないでしょうか。

コア在は透磁率の高い珪素鋼ではなく、炭素鋼のピアノ線を束ねて作ります。
異常に細長なバーアンテナのようなトランスになりそうですが、
どうなりますことやら。
 

レンタル掲示板
/44