投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月21日(日)20時55分0秒
  「大阪に行く準備」《Now watching 552》

一週間後に大阪に行くために、路傍伝道新聞折込と賛美チームの練習をしました。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月21日(日)10時01分47秒
編集済
  「貴重な経験」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 21(日)【1009】)

今朝、喘息発作という嵐が過ぎ去ったような気がします。

体の至る所にダメージを受けて、ボロボロで、無気力状態です。

この数日間、体はフルに免疫力を働かせて、喘息発作と戦っていたのではないかと感じます。

昨日の防災士の学びで、「被災地の復旧・復興は道半ばだ」と教えられましたが、私の体の復旧・復興も道半ばです。

力がまったくありません。しかし、このままの姿で神様を礼拝したいと思います。

皆さんも、今のままの姿でイエス様の前に進み出ていきましょう。

被災地で苦しんでいる人たちに思いを寄せて祈りたいと思います。共に祈りたいと思います。

弱さを知る経験は、他者の弱さに目を向けさせるための貴重な機会です。感謝して受け止めたいと思います。

そして、主のめぐみを求めます。

《めぐみアゲイン》
つまずき たおれる 弱い私
あなたのみ手が 支え励ます
それでも 前に 進めない時 あなたを求めます
注いで 下さい あなたのめぐみ
もう一度 立ち上がるために あなたのめぐみ
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月21日(日)08時11分28秒
  「PCにも私たちにもデフラグを」

使っているパソコンの半数が10年を超えました。性能が落ちて、調子がよくないので、買い替えを考えました。

しかし、パソコンの値段は、一頃に比べて高いので、なかなか手が出ません。そこそこの性能を有するパソコンは、15万円以上するのです。

冷静に考えてみると、パソコンの調子が悪いのではなく、パソコンが重たいだけであることに気づきました。

昔、神経質なほどまでに、ディスクをスキャンし、デフラグを行っていたことを思い出しました。

デフラグとは、HDDやSSDに書き込まれた断片化されたデータを整理して、最適化させることです。

これをやることでパソコンのパフォーマンスが上がる訳ですが、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と言われるように、やり過ぎはかえってよくないものです。

また、古いパソコンは、デフラグを行うことで、それが引き金となって壊れてしまうことがあります。

以前、デフラグのやり過ぎがきっかけで、パソコンが壊れてしまったことがありました。

それ以来、デフラグをやっていませんでした。

パソコンが数年前に比べて高くなってくれていたおかげで、すぐに買い換えるのではなく、「何か方法はないだろうか?」と考え、「デフラグをやってみよう!」という結論に至りました。早速デフラグをやってみました。

起動が早くなり、軽くなり、すべての操作が早くなりました。

パソコンが、書き込まれたデータの断片化によってパフォーマンスが下がるように、私たちも、過去の記憶の断片化が原因で、心が重くなり、うつ的になったり、ふさぎがちになるのではないでしょうか?

そんな時、遊びに行ったり、酒やタバコやドラッグなどによって気分転換をすることで、一時的につらさを忘れることはできますが、それは根本的な解決ではありません。

パソコンのデフラグを行う前にディスクのスキャンをし、デフラグを行うように、私たち自身をスキャンしてもらい、その上でデフラグをしてもらう必要があります。

それは、神と交わることによって行われます。

今日は日曜日です。教会に集い、神を礼拝しましょう。

神の言葉を聞く時に、私たちの心がスキャンされます。そして、心の状態が明らかになった上で、神に自分を明け渡していくことでデフラグが行われます。

今日、調子がよくないと感じている人がいたら、まだ自分自身のデフラグをしたことがないか、最近、デフラグをしていないのではないでしょうか?

ある日、イエス様は種まきのたとえ話をされました。

「もう一つの、いばらの中に種を蒔かれるとは、こういう人たちのことです。――みことばを聞いてはいるが、世の心づかいや、富の惑わし、その他いろいろな欲望がはいり込んで、みことばをふさぐので、実を結びません。」(マルコ4章18節~19節)

「世の心づかい」という言葉があります。

神よりも世の中のことが気になり、人にどう思われるかを気にして恐れている状態です。

きょろきょろしているため、思いが断片化されてしまいます。

神は、あなたの断片化された思いを整理し、最適化して下さいます。

日曜日には、教会で〈1〉朝10時半~昼12時 〈2〉夕4時半~6時 礼拝の集会があります。良かったらどうぞ。

新宿福興教会HP http://www.geocities.jp/sgr_ch/

また、インターネットを通して神さまを礼拝しませんか?

「生放送」〈1〉朝10時半~昼12時 〈2〉夕4時半~6時

ニコニコ動画  http://nico.ms/l/co114841
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月20日(土)19時22分59秒
  「ただいま」《Now watching 551》

140キロ離れたひたちなか市から帰宅しました。中1の次女と小4の次男が作った手作り餃子とシチューが迎えてくれました。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月20日(土)18時37分33秒
  「路傍伝道ネットワークキャラバン伝道」

「路傍伝道ネットワーク」は、路傍伝道を通して日本全国のクリスチャンが手を取り合い、つながって伝道をすることを目指しています。

高校生や大学生、社会人、主婦、牧師、宣教師など、幅広い層の人たちが参加して、月に数回活動を続けています。

1月29日(月)~2月3日(土)まで、関西・東海方面にキャラバン伝道します。

1月30日(火)には大阪で路傍伝道をし、2月2日(金)には名古屋駅で路傍伝道をします。

お祈り下さり、もし、お時間が許されましたらフルに参加して下さったら一番感謝ですが、見学や30分程度の参加も歓迎します。イベントをご案内させていただきます。どうぞよろしくお願いします。
路傍伝道ネットワーク代表 菅野直基

★大阪路傍伝道 https://www.facebook.com/events/977331252430095/?ti=icl

★名古屋路傍伝道 https://www.facebook.com/events/567135426952573/?ti=icl

★路傍伝道ネットワークページ https://m.facebook.com/groups/725359987641943


?『大阪(新今宮)伝道&賛美集会&食事会』

★2018年1月30日(火)午後2時30分までに、「メガドンキホーテ新世界店」前に集合 。
★午後3時~5時まで路傍伝道

1、「地下鉄御堂筋線」と「地下鉄堺筋線」『動物園前駅5番出口』
2、「関西本線」と「環状線」『JR新今宮駅北口』
3、「阪堺電軌阪堺線」と「南海高野線」と「南海本線」『新今宮駅前』

★伝道終了後には、「大阪救霊会館教会」にて賛美集会。
★賛美集会終了後に、希望者のみで食事会。

今回のこの集まりは、クリスチャン向けで、路傍伝道がメインイベントです。賛美集会や食事会を行いますし、オフ会的な楽しい語り合いの時を持ちますが、オフ会がメインではありません。主旨を理解して下さる方ならば、どなたでも参加を歓迎致します。皆さんのお越しをお待ちしています。

「それから、イエスは彼らにこう言われた。『全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。』」(マルコの福音書16章15節)

「献金振込先」
ゆうちょ銀行  記号 10100  番号 72587221  口座名 路傍伝道ネットワーク

主催:路傍伝道ネットワーク代表 菅野直基
共催:路傍伝道ミニストリー大阪支部長 早志効壱侶
後援:大阪救霊会館教会


?『名古屋駅前伝道』

★2018年2月2日(金)午後6時30分に、「名古屋駅広小路口下車 名鉄百貨店 ナナちゃん人形前」に集合。

★午後7時~8時30分(最大9時)まで路傍伝道。
★伝道終了後に、希望者のみで食事会。

今回のこの集まりは、クリスチャン向けで、路傍伝道がメインイベントです。伝道後に食事会を行いますし、オフ会的な楽しい語り合いの時間を持ちますが、オフ会ではありません。主旨を理解して下さる方ならば、どなたでも参加を歓迎致します。皆さんのお越しをお待ちしています。

「それから、イエスは彼らにこう言われた。『全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。』」(マルコの福音書16章15節)

「献金振込先」
ゆうちょ銀行  記号 10100  番号 72587221  口座名 路傍伝道ネットワーク

主催:路傍伝道ネットワーク代表 菅野直基
共催:路傍伝道ミニストリー東海支部長候補 股村大
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月20日(土)11時23分14秒
編集済
  「喘息による眠い、だるい、具合悪い『3い』を祈りで打ち破る」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 20(土)【1008】)

先週から、防災士の学びが始まりました。

喘息が完治していないので、眠い、だるい、具合悪いの「3い」に苦しめられています。

休憩時間に、知人のクリスチャンを発見しました。

140キロ離れたひたちなか市。防災士という特殊な学びをする会場で奇遇です。

途端に元気が出て来ました。

知り合いと話すことで、元気になるのです。

祈りは、目に見えませんが、神様と共に過ごし、語り合うことです。

祈りには力があります。

クリスチャンの知人と会って嬉しい以上に、神と語り合えることは大きな喜びです。

祈りを軽んじないで下さい。

今あなたがいるところから神に祈って下さい。

神は、どんな時にも共にいて下さいます。

主はいやし主です。まだまだつらいですが、徐々に「3い」が打ち破られつつあります。

この後もステキな時間をお過ごし下さい。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月20日(土)05時24分31秒
  「新薬(新訳)と旧薬(旧約)を飲む」

昨晩は、病み上がりで山手線祈祷会と浜松町駅路傍伝道に出かけました。

「今日は皆さんに任せてお休みし、早く喘息を治そう!」と思いました。

しかし、新しく参加して下さる方もいるし、参加予定の10名は、山手線祈祷会に参加したことのない人たちばかりなので、休むわけにいかず、ちょっと無理をして参加しました。

出かける前に、新訳(聖書)と旧約(聖書)の言葉を心で食べ、反芻しました。

それが心を元気にしました。

しかし、外の冷たい風に触れたことで、喘息の症状が戻って来て、終始イライラし、体がツラくて、「神様、私の体を助けて下さいませんか?!」と、何度も祈りました。

伝道を終えて帰宅すると、肺のあたりからヒューヒューゼイセイ。

翌日の今朝は、先週に引き続いて、茨城県のひたちなか市に防災士の学びのために1日でかけめす。

一週間後には、関西方面に宣教旅行に行く予定です。

「これは大変なことになった!」と思い、祈りながら、喘息治療のためのプレドニンを倍増して飲みました。

症状がやっと沈静化しました。

薬がなければ、救急病院に行かなければいけないような症状だったため、安堵しました。

以前、薬の賞味期限は2年くらいだと聞いたことがありますが、しまってあったものを出して来たので、新薬と旧薬ごちゃ混ぜです。

薬の旧薬ダメですが、心の薬である旧約聖書は、古くても大丈夫です。

ぜひ、新訳と旧約を皆さんにオススメします。

この薬は、心のツラさを直してくれます。そして、正しい人生の道に導いて下さいます。

「イエスは、十二人を呼び集めて、彼らに、すべての悪霊を追い出し、病気を直すための、力と権威とをお授けになった。」(ルカ9章1節)

「私は知恵の道をあなたに教え、正しい道筋にあなたを導いた。」(箴言4章11節)

体は健康でも、人は罪によって心が病んでいます。新訳と旧約が必要です。

風邪が流行っています。お大事にして下さい。

新訳と旧約を読み、飲み、食べて1日をスタートして下さい。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月19日(金)22時14分42秒
  「浜松町駅路傍伝道」《Now watching 550》

山手線祈祷会を終えて、浜松町駅で路傍伝道しました。体の調子が落ちてましたが、やっているうちに元気になりました。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月19日(金)14時19分23秒
編集済
  「治る途中、敏感になる」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 19(金)【1007】)

水曜日から喘息発作が出て、昨日の夜くらいまでは、喘息発作が出ているのに、苦しいだけで、これといってそれ以上何も感じませんでした。

今朝から回復の兆しが見えて来ました。なぜか、回復途上はつらく、だるいです。

イエス様を信じ、クリスチャンなった人は、救われたにもかかわらず、以前よりももっと罪深く感じて、罪責感に苦しむものです。

そして、クリスチャン生活が長くなればなるほど、罪の自覚は増し加わっていきます。

使徒パウロが、クリスチャンになる前は、「自分は正しい!」と思い込んでいました。

しかし、パウロがクリスチャンになると、罪を自覚し、罪責感に苦しむようになりました。

そしてさらに、時間の経過とともに、罪を自覚しました。

「私は、ほんとうにみじめな人間です。だれがこの死の、からだから、私を救い出してくれるのでしょうか。」(ローマ7章24節)

クリスチャンになったパウロは、

①かつてはクリスチャンを迫害していたので、牧師仲間の中で、1番罪深いと感じていました。

しかし、クリスチャン生活が長くなると、

②すべてのクリスチャンの中で、1番罪深いと感じるようになりました。

さらに晩年には、

③全人類の中で、1番罪深いと自覚するようになりました。

「『キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた』ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです。」(第一テモテ1章15節)

パウロは、クリスチャンになって、以前よりも罪深くなっていったのでしょうか?

そうではありません。

パウロの正義感は変わりませんが、寛容で、愛の人に変わっていきました。

パウロは、罪の自覚が深まっていったのです。

そして、罪の自覚が深まった時に、同時に、その罪が赦されたこと、神の恵み深さを自覚するようになりました。

「罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれました。」(ローマ5章20節)

これは、パウロだけではなく、すべてのクリスチャンの喜びの源泉です。

私も、クリスチャンになる前と、今では、罪の自覚がまるで違います。

クリスチャンになる前は、表面的な罪だけが罪だと考えていました。

法律も、行為を裁きますが、思想は裁かないからです。

しかし、今では、愛のない自分の姿に嫌気がことがあります。

愛のない自分の汚さを敏感に感じて、誰よりも罪深いと感じます。

それは、神の愛を知ったから、罪に敏感になったからです。

しかし同時に、その罪深い私に対して、神の恵み深さを感じています。

「私は、神から誰よりも愛されている!」
「私は、世界一幸せだ!」

その喜びを叫びたいです。

私は今、喘息の症状の自覚が深まっています。そして、健康のありがたみを感じ、感謝しています。

病気が治る途中はつらいものです。

クリスチャンになって苦しむことがあったとしたら、罪の自覚が深まるからです。

その罪が赦され、愛されていることを知り、受け入れられている事実を受け入れて下さい。

神の愛が私たちに注がれています。

「この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。」(ローマ5章5節)

この後も、ステキな時間をお過ごし下さい。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月19日(金)10時11分33秒
  「キャラバン伝道予定」

「路傍伝道ネットワーク」の菅野と申します。高校生や大学生、社会人、主婦、牧師など、幅広い層の人たちが参加して、月に数回活動を続けています。

1月29日(月)~2月3日(土)まで、関西・東海方面にキャラバン伝道します。

1月30日(火)には大阪で路傍伝道をし、2月2日(金)には名古屋駅で路傍伝道をします。

お祈り下さり、もし、お時間が許されましたらフルに参加して下さったら一番感謝ですが、見学や30分程度の参加も歓迎します。イベントをご案内させていただきます。どうぞよろしくお願いします。
路傍伝道ネットワーク代表 菅野直基

★大阪路傍伝道 https://www.facebook.com/events/977331252430095/?ti=icl

★名古屋路傍伝道 https://www.facebook.com/events/567135426952573/?ti=icl

★路傍伝道ネットワークページ https://m.facebook.com/groups/725359987641943


?『大阪(新今宮)伝道&賛美集会&食事会』

★2018年1月30日(火)午後2時30分までに、「メガドンキホーテ新世界店」前に集合 。
★午後3時~5時まで路傍伝道

1、「地下鉄御堂筋線」と「地下鉄堺筋線」『動物園前駅5番出口』
2、「関西本線」と「環状線」『JR新今宮駅北口』
3、「阪堺電軌阪堺線」と「南海高野線」と「南海本線」『新今宮駅前』

★伝道終了後には、「大阪救霊会館教会」にて賛美集会。
★賛美集会終了後に、希望者のみで食事会。

今回のこの集まりは、クリスチャン向けで、路傍伝道がメインイベントです。賛美集会や食事会を行いますし、オフ会的な楽しい語り合いの時を持ちますが、オフ会がメインではありません。主旨を理解して下さる方ならば、どなたでも参加を歓迎致します。皆さんのお越しをお待ちしています。

「それから、イエスは彼らにこう言われた。『全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。』」(マルコの福音書16章15節)

「献金振込先」
ゆうちょ銀行  記号 10100  番号 72587221  口座名 路傍伝道ネットワーク

主催:路傍伝道ネットワーク代表 菅野直基
共催:路傍伝道ミニストリー大阪支部長 早志効壱侶
後援:大阪救霊会館教会


?『名古屋駅前伝道』

★2018年2月2日(金)午後6時30分に、「名古屋駅広小路口下車 名鉄百貨店 ナナちゃん人形前」に集合。

★午後7時~8時30分(最大9時)まで路傍伝道。
★伝道終了後に、希望者のみで食事会。

今回のこの集まりは、クリスチャン向けで、路傍伝道がメインイベントです。伝道後に食事会を行いますし、オフ会的な楽しい語り合いの時間を持ちますが、オフ会ではありません。主旨を理解して下さる方ならば、どなたでも参加を歓迎致します。皆さんのお越しをお待ちしています。

「それから、イエスは彼らにこう言われた。『全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。』」(マルコの福音書16章15節)

「献金振込先」
ゆうちょ銀行  記号 10100  番号 72587221  口座名 路傍伝道ネットワーク

主催:路傍伝道ネットワーク代表 菅野直基
共催:路傍伝道ミニストリー東海支部長候補 股村大
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月18日(木)10時05分6秒
  「諸刃の剣に感謝」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 18(木)【1006】)

「神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。」(ヘブル4:12)

聖書の言葉は、神の言葉なので、非常に鋭く切れ味が良く、人の心の奥深い所にまで分け入り、心を動かし、考え方や行動を変化させ、新生させる力があります。

また聖書は、鏡のような働きをして、罪深く、愛のない自分を知らせ、心の動機に至るまで照らし出します。

人を苦しめるもの。罪、悪魔、病、呪い、死などを破壊します。

しかし、「自分を変えたくない」「自己中心でありたい」気持ち、不純な動機にメスが入れられ、それらの性質に死ぬように剣として刺し通します。

自分に固執し、我に執着して、それにしがみつく人には、苦痛でしかなく、避けたくなります。

聖書の言葉を極端に嫌がる人は、ある意味、聖書の諸刃の剣の威力を感じているのだと思います。

しかし、自分を苦しめる、死に至らしめる我執から解放される道を選ぶ人には、こんなに素晴らしい救いの剣城はありません。

私は、昨日から、急に喘息発作が出て、すぐにでも病院に行かなければならないくらいに、気道が圧迫され、ヒューヒュー、ゼイゼイし出しました。

仕事を休み、すぐに救急病院に駆け込もうとしましたが、喘息の切り札、奥の手があったことを思い出しました。

プレドニンという薬です。とっても喘息に効きます。

しかし、この薬は諸刃の剣です。

喘息には効くけれど、
①胃酸を抑える胃薬を一緒に飲まないと胃潰瘍になる。
②免疫力がなくなり感染症になりやすい。
③血糖値が極度に上がる。
④ムーンフェイス(顔が膨れて丸い顔)になる。
⑤太る。
⑥骨がもろくなる。

そのため、短期間しか飲むことができません。

その薬は、オリンピックで禁じられているドーピングでもあります。

急に元気になり、喘息の症状が治まったので、昨晩は、夜中まで、防災士のレポート課題をやりました。

今朝は、近くの呼吸器科の病院に行って来ました。

胃薬だけ出してもらって、「プレドニンが効いているので、このまま4日間飲み続けて下さい。」と言われました。

今日は、安静にして過ごしたいと思います。

諸刃の剣は、いい面とわるい面があります。相手を切り、自分をも切ってしまう威力があります。

しかし、使い方次第では、本当にありがたいものです。

聖書以外に、諸刃の剣という言葉を使ったのははじめてでした。

良い薬を下さり、それを手元に置かせて下さった神様に感謝致します。

ステキな時間をお過ごし下さい。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月18日(木)06時30分1秒
  「人生の希望」

人生を振り返ってみると、一つ一つの苦労が懐かしく感じることがあります。

人生を「線」に例えるならば、希望は「点」のようにところどころに存在します。希望があるからこそ、今を生きることができるのです。

希望という「点」と「点」をつなぐ「線」は、苦労や悲しみや痛みです。希望が一縷の望みとなり、試練を乗り越える力となります。

聖書には、「この希望は失望に終わることがありません。」(ローマ人への手紙5章5節)と書かれています。

どんな希望でしょうか?

「信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。またキリストによって、いま私たちの立っているこの恵みに信仰によって導き入れられた私たちは、神の栄光を望んで大いに喜んでいます。そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。(ローマ人への手紙5章1節~4節)

「希望」とは、・・・
① 信仰によって与えられている
② 神との平和の関係から生じている
③ 結果、神の栄光を望んで大いに喜んでいる
④ さらに、患難さえも喜んでいる
⑤ だから、患難が忍耐を生み出し、
⑥ 忍耐が練られた品性を生み出し
⑦ その練られた品性が希望を生み出している

一回の人生という「線」の中に、いかに希望という「点」を持つか。

希望があるならば、どんな状況の中にあっても生き続けることができます。イエス・キリストを信じることからはじまります。

キリストは、人類を不幸にし、すべての問題の根源である罪を十字架で背負って死なれ、3日目に死を打ち破って復活されました。

キリストを信じるならば、絶対絶望的な状況の中にあっても、なお絶対的な希望があるのです。

「この希望は失望に終わることがありません。」(ローマ人への手紙5章5節)

希望をあなたの中にしっかりと持ち、今日も歩んで下さい。

今日も素敵な一日でありますように。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月17日(水)21時24分59秒
  「与えられた防災士の勉強時間」《Now watching 548》

今日は早朝から、800部路傍伝道新聞発送作業をし、夕方の雨の中、30Kgの新聞の入った段ボールを自転車で郵便局に運びました。発送を終えて帰宅したら、緊張が解けてドーっと疲れが出て来て、具合が悪くなりました。あんまり具合が悪いので、今晩の集会の奉仕をお休みしました。奉仕を休むなんて異例のことです。しかし、安静にしながら、今勉強中の防災士の勉強をしています。とても楽しいですね。神学を17年間学んで来ましたが、防災に関しても、生涯学び続けて、有事に備えたいと思います。神様が下さった勉強時間に感謝しつつ。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月17日(水)16時16分24秒
  「何をしても栄える」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 17(水)【1005】)

聖書は次のように語ります。

「まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。」(詩篇1篇2節~3節)

何をしても栄える人生の条件は、「主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。」ことです。

私は、26歳で伝道師になり、30歳で牧師になりました。

当時は、聖書を毎日10章以上声に出して読んでいました。読む量は減りましたが、今でもその習慣を続けています。

聖書は心のごはんです。時には、ボーッとしながら読んだり、聖書を読みながら寝てしまうこともありますが、聖書を読むと心に栄養が行き渡り、力が与えられます。

さらに、声に出して読む聖書が私の心や考えに影響を与え、選択や生き方に影響を与えます。

今日は、路傍伝道新聞の折込作業をしました。

〆切があり、しかも、大量に発送しなければならないので、「これは大変だ!」と、2人の人にお手伝いを頼みました。

作業を3人でやる予定でしたが、1人は体調を崩したので来られず、もう1人は予定が入ったので、私1人でやるこおになりました。

しかし、2人が来るまでにできるだけ仕事を終わらせようと考えて、早朝から折込をはじめました。

一生懸命に頑張ったので、他の2人が来られないと連絡が入った時には、8割近くの仕事が完了していました。

もし、最初から1人でやる予定だとしたら、気長に、マイペースでやったと思います。同じ時間になっても、きっと半分も終わっていなかったと思います。

神の言葉である聖書を口ずさみ、心のごはんとして心で食べるならば、心は元気になるので、作業に勢いついて、はかどりました。

さらに、心は肯定的になり、明るくなり、うれしくなるので、単調な作業なのに楽しくやることができました。

心のごはんを食べると、愛が与えられるので、人間関係がうまくいきます。

また、神に導かれるので、良い選択ができるし、神と共に生きていくので、結果として、何をしても栄えるのです。

私は、食事をたくさん食べますが、心の食事もしっかりと、たくさん食べます。

ここに人生成功の秘訣があります。

簡単ですね。心のごはんを食べるだけでいいのですから。

聖書を開き、その言葉を口ずさむのです。そうしたら、最高の人生を生きることができます。

そんな人生をご一緒に歩んで参りましょう。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月17日(水)07時03分12秒
  「ありのままを分かち合いたい」

ネットで毎日文章を書きながら心がけていることは、功績自慢、不幸自慢、誇張、歪曲などを避けて、ありのままを伝えることです。

私が信じる神様は、ありのままの私を愛して下さっているので、ありのままを分かち合うことが最高の喜びだからです。

世の中の価値観は、できる人、お金のある人、学歴、実績、地位の高い人を優位に見るものです。勝者がいれば、敗者がいます。

時々、検査のために病院に行くと、それとは違う常識があることに気づきます。病気自慢です。

「私は、~度手術をして、体には~が入っているのよ」というと、それを遮るように、「私なんかはね・・・」と、互いに病歴、病気の重さを自慢し合っている会話が聞こえてきます。

私は弱く、神様が共におられなかったら何もない人間です。

しかし、一人の人間が、神様と共に歩むとどんな人生になるのかを伝えたいと考えています。

だから、うまくいかないことも、うまくいったことも、その両方を伝えながら、人生を通して働かれる神様を伝えたいと思っています。

しかし、それもこれも、「できるだけ」「ありのままに」伝えたいと思っています。

「できるだけ」というのは、何でもかんでもカミングアウトしても、受け止める相手が受け止めきれないなら迷惑でしかありません。だから、「できるだけ」なのです。

しかし、神様は、私のすべてを知っておられ、その上で私を赦し、愛して下さっています。神様にはすべてを出し切ることができます。

その大きな愛を共に体験していたいですね。

そして、お互いにありのままを分かち合っていきたいですね。

今日も、ステキな一日でありますように。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月16日(火)19時34分50秒
編集済
  「問題は狼の皮を被った祝福」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 16(火)【1004】)

今まで、こういうことを何度も経験して来ましたが、問題があったことで大きな祝福の扉が開きました。

ピンチがチャンスなんてものではなく、ピンチは、大大大チャンスです。

インターネット上で誹謗中傷を受けた経験があります。

しかし、その問題に直面した時に、聖書が教える解決法で解決を目指しました。

何人もの法律家が助けてくれて、法的手段で解決することは得策ではないとわかりました。

「復讐するは我にあり」と言われる神に、復讐を委ねて、私は、百倍伝道をすることで、サタンに報復攻撃をしました。

問題が解決しただけではなく、百倍の祝福が与えられました。

最近、いくつかの問題が立て続けに起こっています。

その中のいくつかは、未だ解決していません。しかし、神様に委ねているので、まもなく解決すると信じます。恐れないで問題に直面し、神様に委ねつつ、現在、解決の途上にあります。

また、別の問題は、大逆転の祝福を得ることができました。

路傍伝道ネットワークの機関紙である「路傍伝道新聞」の協力者が、データ編集を続けられなくなり、結果として、私は、ハシゴを外された状態になりました。

正月は、眠れない夜を過ごし、苦しみました。

しかし、いきなり突破口を迎えました。

信仰によって、心の目で神を見て、改めて神を信じました。

先取りして感謝の祈りを捧げました。

その翌日、路傍伝道新聞のデータ編集を手伝ってくれる人が見つかりました。

以前の路傍伝道新聞も好きでしたが、それよりもはるかに素晴らしい新聞に生まれ変わりました。

問題とは、狼の皮を被ってやって来ますが、聖書が教える方法で解決を目指すと、とてつもない祝福に変わります。

今、現在進行形の問題があります。しかし、その問題に直面したことで、大きな祝福の扉が開きました。

問題とは、狼の皮を被った祝福なのです。

但し、聖書が教える解決法で解決を目指すならばです。

①問題から逃げない。
②神に祈り、神に助けを求め、信仰を持ち、神に信頼し、神に委ねる。
③聖書に従って、人を赦し、感謝し、解決を目指すことです。

ある人は、「『問題は狼の皮を被った祝福』なんてうまいこと言うけれど、そんなの嘘に決まってる!」と思う人もいるかも知れません。

しかし、論より証拠、やってみて下さい。

あなたも、問題が祝福に変わることを体験するはずです。

神様と共に歩む人生は最高です。

この後も、ステキな時間をお過ごし下さい。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月16日(火)12時50分13秒
編集済
  「首都圏伝道のための戦略会議(ランチミーティング)」《Now watching 547》  

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月16日(火)11時25分34秒
  「首都圏の霊的Revivalのための祈り②」《Now watching 546》  

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月16日(火)10時15分43秒
  「首都圏の霊的revivalのための祈り」《Now watching 545》  

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月16日(火)07時53分6秒
  「国籍を超えた祈り会」《Now watching 544》

おはようございます。今朝は、韓国の牧師たちとの祈り会で1日をスタートしました。この後も、ステキな時間をお過ごし下さい。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月16日(火)07時13分5秒
  「いのちある言葉を語る秘訣」

私は牧師です。言葉が仕事の道具です。

その道具は、人を傷つけ、殺し、慰め、いやし、生かすこともできます。

あなたは誰かの言葉で傷ついた経験があるでしょう。

反対に、誰かの言葉で元気になった経験もあると思います。

言葉とは、人を生かしも殺しもできる諸刃の剣で、単なる伝達手段以上の潜在的な力を秘めています。

あなたが毎日口にする言葉は、まわりにいる人に影響を与え、環境や運命を変え、未来をつくります。よく吟味して言葉を使いましょう。

次に、同じ言葉を聞いても、ある人が語る言葉には不思議な力があり、心動かされ、説得されます。

名演説には、必ず強い確信、強い信念を持って語られているものです。

神が人間を造られた時、土地のちりで形造り、そこにいのちの息を吹き込まれました。その瞬間、人間の形をした粘土のかたまりが人間になったのです。

人の臨終を見守ったことがあるでしょうか?

人が息を引き取る時、最期に「フゥー」と息を吐き出してから亡くなるそうです。

その時まで神のいのちが生かしていたのです。そのいのちに秘密があるようです。

神のいのちは、イエス様を信じて、心から神を求め、神に祈る時に、神のいのちが私たちの中に注がれてきます。

「わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」これは、イエスを信じる者が後になってから受ける御霊のことを言われたのである。」(ヨハネの福音書7章38節~39節)

「神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。」(ローマ人への手紙 6章23節)

強い確信、強い信念を持って語られる言葉には強い力があります。

そこに人を生かす神のいのちが吹き込まれたら、

1、語った通りの素晴らしいことが起こります。
2、人を生かし、自分を生かします。
3、人を動かします。

今日も、神に祈り、神のいのちに満たされて一日をスタートしましょう。

そして、素晴らしい言葉を語っていきたいですね。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月15日(月)21時33分35秒
編集済
  「面白すぎな路傍伝道」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 15(月)【1003】)

2人の炎のようなダンサーと、クールなポーカーフェイスな人などなど、約20人のいろいろな人が集まりました。動物園でも、こんなバラエティ豊かな集まりはありません。最高に楽しかったです。ありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月15日(月)11時34分33秒
  「消防総監(東京消防庁消防長)より表彰」《Now watching 543》

防災士の講習会のため、式典を欠席したので、直接は受け取れませんでしたが、先ほど、分団長より手渡されました。表彰状はめったにもらえるものではないので、「こんなもの」と思われるかもしれませんか、なぜかうれしいです。しかし、やがて主の前に立った時、「よくやった。良い忠実な僕よ」と言って頂けることに比べたら、この世の富も、名声も、栄華も取るに足らないですね。「アーメン、主イエスよ、来て下さい!」
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月15日(月)08時03分0秒
  「自分だけの時間」

自分のためだけに使う時間も持っていますか?

と言っても、手の込んだことをしたりお金をかけたりする必要はありません。

読みかけの本の1ページを読んだり、コーヒーを飲みながら、ゆったりとした時間を過ごしてもいいですし、ただ何もしないで心を落ち着かせて過ごしたり、どんなことに使っても、それが自分に取って楽しみや満足を与えるものであるならばOKです。

仕事に追われ、家族や友人の要求に無理に応えているうちに、自分の人生はいとも簡単に犠牲になってしまうものです。

これからは、毎日、自分の必要を満たし、自分を回復するために、一日30分以上を確保したいものです。

私は、自分のためだけの時間に、バイブルを読んだり、祈ったり、本を読んだり、何もしないでぼーっとしたり、散歩をしたり、このような文章を書いたり、気ままに過ごしています。

この時間は、短くても、質の高い時間ならば、あなたの人生は、二倍にも三倍にも充実し、豊かになっていくはずです。

そんな時間を持って下さい。

ステキな1日でありますように。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月14日(日)22時39分26秒
編集済
  「気がつけば・・・時間の長さ」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 14(日)【1002】)

日曜日の礼拝が終わり、皆さんが帰宅し、気がつけばこの3人が残され、今日も夕食に来ました。

1月だけでこの3人で会う回数は、何と17回。

伝道し、食事し、語り合い、楽しい時間を過ごしています。

礼拝をし、路傍伝道をし、音楽バンドを組み、食事をしたり、語り合える主の家族、仲間に感謝です。

知り合いのあるお父さんは、「子供と一緒に過ごす時間は、長さよりも質の方が大切だよ」と言いました。確かにその通りだと思います。

しかし、家族とは、時間の質もさることながら、たくさんの時間を一緒に過ごすことも大切だと思います。

「絶えず祈りなさい」と聖書は語りますが、神様とは、絶えず一緒に過ごしたいものです。

この後も、ステキな時間をお過ごし下さい。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月14日(日)07時52分42秒
  「Bad News とGood News」

あるご婦人が夫に「あなた、実は、あなたに二つの悪い知らせがあるの・・・。」と話しました。

「何だいお前?」

「実は、お医者さんから言われたの。あなたの余命が3年なんですって」

「そっ、そうだったのか・・・。どおりで、最近、体の調子が悪いと思った・・・。残された時間、最後まで頑張るよ。で、もう一つの悪い知らせって何だい?」

「あなたに伝えるのをすっかり忘れてしまっていて・・・。お医者さんに言われてから、そろそろ3年たつのよ・・・。」

「・・・・・・。」

余命の宣告には賛否両論があります。余命を告げられたことで、すっかり元気をなくしてしまって、死期を早めてしまう人もいます。反対に、残された人生を楽しもうと、世界旅行をしたり、今までしたいと思っていたことにチャレンジしたりしているうちに、喜びや笑いがガンを死滅させてしまって、生き続けている人もいます。

一人のクリスチャンの人が、脳に腫瘍ができていて、医師から「余命半年です」と告げられました。あわてて聖書を読み、毎日祈るようになりました。

聖書を読んでいると次の聖句を見つけました。

「まことに、彼(イエス・キリスト)は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。しかし、私たちは思った。彼は悩まされ、神に打たれ、苦しめられたのだと。しかし、彼は私たちの罪のために傷つけられ、私たちの不義のために砕かれた。彼(イエス・キリスト)への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼(イエス・キリスト)の打ち傷によって、私たちはいやされた。」(旧約聖書 イザヤ書 53章4~5節)

聖書の中に「神が健康を与えて下さる」という約束を見つけ出し、信じました。毎日祈り続けました。

それから数年が経ちましたが、今も元気に生きています。

余命宣告は、普通、人を窮地に追いやりますが、そこで目を覚まして、人生を何倍も中身のある生き方をするようになったとしたらとても良かったことになります。

ある場合は、楽しいことをしているうちに病気が治ってしまうこともありますし、神に祈ることで、病気がいやされる人もいます。

しかし、病気がいやされても、すべての人は余命宣告をされています。

長い人は120歳まで行きますが、平均70~80歳です。そんなに長くない人もいます。

にもかかわらず、多くの人は自分の死に関してほとんど考えていません。

あなたはどうですか? 今晩が人生の終わりの時であっても、悔いの最期を迎えられるでしょうか? 「私の人生これで良かった!」と言えるでしょうか?

神が与えられる救いには二種類あります。

① 命の救い
② 人生の救い

命の救いは、死後に与えられる死後の救いです。復活し、天国に入る救いです。

人生の救いは、現世で与えられる救いです。

私たちは、いつか必ず死ぬべき存在ですが、一回きりの人生を幸せに生きられたら、その人の人生は救われていることになります。

人生の救いは、「ほかの人がどう思うか?」ではなく、自分自身が「私の人生これで良かった!」という人生を生きることです。

神様は、キリストの十字架と復活を通して、来世と現世を救って下さいます。

これがGood Newsです。

しかし、このGood NewsがGood Newsになるために、まずBad Newsを聞く必要があります。

聖書は、「あなたは罪人です」と語ります。

この「罪」は、ギリシャ語の「αμαρτια(ハマルティア)」で「的外れ」という意味です。「あなたは犯罪者です!」ということではなく、「あなたは神から離れている的外れな存在です!」という意味です。

人は、罪を犯したから罪人なのではありません。罪人だから罪を犯すのです。罪を犯さない人は一人もいません。人に迷惑をかけないように心がけていたとしても、人は、大なり小なり、必ず罪を犯しており、全てを知っておられる神の前で言い逃れができる人がいません。

これがBad Newsです。

聖書は、「罪の支払う報酬は死である」(ロマ6:23前半)と語ります。

人を脅かして布教しているのではありません。人の死は現実であり、このBad Newsは事実なのです。

死も二種類あります。

① 体の死
② 魂の死

体の死は肉体の死です。しかし、肉体の死の後に、神の裁きを受けて、地獄に落とされる魂の死があります。これは永遠の死であり、第二の死です。

これは絶望的なニュースです。

しかし、ここからがGood Newsのはじまりです。

キリストは、肉体の死と魂の死、地獄の裁きを、十字架で身代わりに引き受け、墓に葬られ、三日後に死人の中から復活されました。

「キリストが私のために十字架で死なれ、復活された」と信じるならば、誰でも救われるのです。

もし私が、あのご婦人のように、死の直前までBad NewsとGood Newsをあなたに知らせなかったとしたら、ひどい人間です。

地獄の門の前で、「神様、菅野直基という男は、クリスチャンで牧師なのに、私にBad NewsとGood Newsを知らせてくれなかった。ひどいです。アイツを取っちめて下さい!」と言われてしまうかも知れません。

私は、できる限り毎日、このBad NewsとGood Newsを知らせています。

その時になって、「信じておけば良かった!」と後悔することだけはしてもらいたくありません。

どうぞ、チャンスのある今、このBad NewsとGood Newsを信じ、イエス・キリストの救いを受け取って下さい。

この救いは、来世だけではなく、現世でも与えられます。幸せな一生を送り、その喜びを分かち合いながら生きていくことができます。

今日は日曜日です。教会では礼拝の集会を行っています。どうぞいらっしゃいませんか? また、インターネットで中継や録画放送をしています。もし良かったらご覧下さい。

〈1〉朝10時半~昼12時 〈2〉夕4時半~6時「教会の集会を生放送」します。
(後ほど、→http://9001.teacup.com/sfk/bbsで、録画放送のURLをお知らせいたします)

ニコニコ動画  http://nico.ms/l/co114841

教会(Church)HP http://www.geocities.jp/sgr_ch/
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月13日(土)17時56分41秒
  「訪問」《Now watching 542》

ひたちなかの帰り道、親しくしている牧師先生の教会を訪問。教会員の2人の方と共に、楽しい時間を過ごしました。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月13日(土)12時30分34秒
  「優雅な週末」《Now watching 541》

朝一番に飛び起きて、茨城県のひたちなか市まで勉強しに来ています。素朴で、平凡な風景に囲まれて、ゆったりとした時間を過ごしています。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月13日(土)09時58分17秒
編集済
  「苦渋の選択と導きと感謝」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 13(土)【1001】)

今日は、消防団初式がある日で、私にとっては特別な日でした。

東京消防庁の消防長である消防総監から表彰を受けることになっていました。

しかし、今日は、防災士の資格を取るための講習が始まる日でもあり、苦渋の選択が迫られました。

防災士の講習に参加することにしました。

全消防団員や全来賓の前で表彰状を受け取ることは栄誉なことですが、後で表彰状は頂くことができます。

しかし、防災士の講習を休んだら、防災士の資格を頂けなくなってしまいまいます。

防災士になることは、数年来の夢でした。

消防団員であり、社会福祉協議会の災害ボランティアをしており、新宿大久保通り教会防災ネットワークに関わっています。

好き好んで、防火・防災、災害支援・復興支援に関わるようになったのではありません。

神様の不思議な導きによってこのようなジャンルの働きをさせて頂くことになりました。

防災士になるための必要も神様が満たして下さいました。

教室は、暖房がよく効いていて、睡魔との戦いですが、とてもためになる講習です。

質疑応答の時間に手を挙げて質問すると、笑わせたつもりはないのに、会場からは笑いが聞こえました。講師からは、「いい質問ですね。ありがとうございます。」といって頂きました。

眠気は一気に吹き飛びました。

受講者の平均年齢は少し高めですが、よく見ると、二十代、三十代の方々もチラホラ見られます。

日本は地震大国であり、いつ何時、何が起こるかわからないですが、若い人たちが受講している姿を見て、嬉しくなります。

生きている限り、恐れたり、心配したり、悩むようなことはいくらでもありますし、適度には必要です。

しかし、過度の、必要以上の恐れ、心配、悩みは神様に対して失礼です。

神様が共におられ、助けて下さろうとしているのに、まるで神様が居ないかのように考え、神様を無視していることだからです。

目に見えませんが神様が居られると聖書は教えます。

神様を認め、神様を信じ、神様に頼りながら生きていきたいですね。

この後も、ステキな時間をお過ごし下さい。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月13日(土)05時52分17秒
  「健康も病も気から」

「病は気から」といわれます。

心配やイライラは、あなたを病気になりやすくし、あなたの病気を重くします。

病気になると、心が弱くなり、心配してイライラします。

病気になった時、どうしたら良いでしょう?

心を神とつなぐことです。

心が神と直結されたら、楽しくなり、明るくなり、温かくなり、優しくなり、強くなり、心は元気になります。

心と体はつながっているので、心が元気ならば、体を元気にしてしまいます。

「信仰による祈りは、病む人を回復させます。主はその人を立たせてくださいます」(新約聖書 ヤコブ5:15)

この聖句にあるように、神はあなたの病気を超自然的にいやしてくださいます。

同時に、信仰によって神とつながった心は元気になり、健康を回復させます。

「病は気から」なら、「健康も気から」です。

今日も元気に生活してください。

ステキな1日でありますように。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月13日(土)00時04分57秒
  「第4回賛美集会」《Now watching 540》

路傍伝道の仲間が、本当の家族のように感じはじめています。本当の家族以上の神の家族ですけどね。今日も良い時間でした。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月12日(金)16時14分42秒
編集済
  「1000回達成も一シャから」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 12(金)【1000】)

早いもので、一日一シャをはじめてから1000回目を迎えました。この間、一日も欠かさずやって来ましたので、1000日やり続けました。

「千里の道も一歩から」ということわざがありますが、「1000回達成も一シャから」。このことわざ通りだなと、実感しています。

昔から、「3日坊主」という言葉がありますが、3日、3日と続けて行くならば、気がつけば3000日、30年と続いて行きます。

良き習慣は、せっかく身についても、あっという間に失われてしまうことがあります。

そして、悪習慣は、簡単に身につくのに、なかなかそこから抜け出すことはできません。

大切なことは、いつでも原点に帰り続けることです。

悔い改め、立ち返り、繰り返し原点に帰るならば、やがてそれが一本道となり、金太郎飴のどこを切っても金太郎の顔が出て来るように、その良き生き方が筋金入りとなり、血となり肉となることができます。

一日一シャを私が続けることができたのですから、みなさんにできないことはありません。

仮に、インターネットが使えない環境になったとしたら、私はノートに一日一シャを書き記します。

ノートがなければ巻物に記し、それもなければ、壁や床に刻みます。

継続は力なりです。

2000回、3000回と続けて行きたいです。

そして、お許しがあって、120歳まで生かされたとしたら26000回以上までも、感謝の日記を綴り続けたいと思います。

食事を継続し、呼吸を継続するように、祈ること、聖書を読むこと、神を愛し、人を愛することを継続して行きたいです。

1000回までお付き合い下さった皆さんに、心から感謝致します。そして、これからもよろしくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月12日(金)11時38分39秒
  「新年最初の会議(東京福音リバイバル聖会 新宿シャローム教会)」《Now watching 539》  

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月12日(金)07時50分12秒
  「心の中の平和」

社会を変え、世界に平和をもたらしたいと思うなら、自分の心の中に平和を見出しことから始めないといけません。自分との平和は、造り主である神との平和から始まります。

「信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。」(ローマ5:1)

神との平和が、自分自身の中に平和をもたらし、その平和は、愛と喜びをもたらします。

そして、愛と喜びを分かち合いながら過ごしていきましょう。祝福を祈ります。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月12日(金)00時52分12秒
  「変わらないものと変わり続けるもの」《Now watching 538》

路傍伝道新聞が生まれ変わって、デザインが変わります。イエス・キリストは、昨日も、今日も、いつまでも同じですが、私たちは、日々成長しますし、新聞もイメチェンします。現在の発行部数は1000部ですが、少しずつ増版していきたいと思います。引き続き、どうぞよろしくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月11日(木)23時03分43秒
  「トライアゲイン 西日暮里駅」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 11(木)【999】)

前回、西日暮里駅で伝道した時には、だいぶ苦戦しましたが、今日は圧倒的な勝利でした。トライアゲイン して良かったです。感謝でした。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月11日(木)07時03分53秒
  「新約聖書の最初に出て来るイエス・キリストの系図」

今日は、新約聖書の一番最初に出てくる「イエス・キリストの系図」についてお話したいと思います。

聖書は、66冊が1冊となった本です。

新約聖書の1ページ目に出て来るのはマタイによる福音書で、この書は、ユダヤ人に向けて書かれた書です。

ユダヤ人は、系図を非常に重んじます。旧約聖書には、キリストはダビデの子孫として生まれると預言されていました。

イエスは、ダビデの子孫であるとの系図を示し、さらに、イスラエルの祖先であるアブラハムにまでさかのぼった系図を示しました。

イエスの系図には、4人の女性の名前が出て来ます。

1、「タマル」・・・彼女は義父と不適切な関係を持った人です。
2、「ラハブ」・・・彼女は売春婦です。
3、「ルツ」・・・彼女はイスラエルに取って救われないとされた異邦人です。
4、「ウリヤの妻バテシバ」・・・彼女は夫の留守中に不倫をした人です。

聖書が書かれた時代には、女や子どもは、人間の数を数える時に数に入らない存在でした。

そんな時代に、あえて、問題のある女性がイエス・キリストの系図に入れられているのでしょうか?

イエス・キリストは、数に入らないような人、失敗した人、罪深い人を赦し、救い、神の家族として下さることがここに示されています。

威厳やかっこ良さはありませんが、ドブの中を這うようにして、クリスマスに人間の姿を取ってこの世に来られたキリストを示しています。

キリストは宗教家ではなく、神から遠く離れ、失敗し、罪にまみれた私たちを救うために、私とあなたのただ中に来られた救い主です。

キリストは、家畜小屋の飼い葉桶の中に生まれました。私たち人間の本当の姿を表しています。きれいな場所ではなく、汚く、不衛生な場所に生まれた神の子です。

今日、心の中にキリストを迎え入れませんか?

私もあなたも、「イエス・キリストの系図」の中に入れられていることを思って、自分を大切にし、一回だけの繰り返すことのできない人生を最高に生きて行きませんか。

今日もステキな1日でありますように。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月10日(水)14時33分24秒
  「断食祈祷聖会2018⑥(実行委員会集合写真)」《Now watching 537》  

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月10日(水)14時25分25秒
  「断食への招き②~③」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 10(水)【998】)

昨日、断食祈祷に関してニュースレターで書かせて頂いた内容を分かち合いましたが、今日は、その2回目と3回目を載せてこのシリーズは終わりにしたいと思います。

以下です。

2、ビル・ブライトに教えられたこと

断食祈祷は、私の奉仕と霊的な生活を一変させました。ビル・ブライトの著書や講演で六つのことを学びました。①断食を通して飢餓状態になり、飲食ではなく神を求める。②断食祈祷をすることでへりくだること。③断食により肉に頼らず、聖霊に満たされ、御心にかなう祈りが捧げられる。④断食によらなければかなえられない祈りがある。「この種のものは、祈りによらなければ、何によっても追い出せるものではありません。」(マルコ9:29) また、エステルは3日間の断食により国家存亡の危機を救った。⑤神が望む断食は、肉に死んで、愛に生きることだ。(イザヤ58:3~7参照) ⑥断食を通して神に明け渡すことを学び、その結果、リバイバルのために用いられる。

3、断食への招き?
来年、(もう終わってしまいましたが)第二十回断食祈祷聖会が行われます。参加者の断食は義務ではありません。参加して講演を聞くだけでも恵まれます。しかし、この機会に断食をしながら参加されることをお勧めします。断食がはじめての人でも、例えば、一食を抜くだけの断食や朝食をしてから参加し、断食して祈るというのも良いと思います。肉の力が弱まりますが、祈りが力強いものになります。かつてビル・ブライトは、200万人に断食を呼びかけました。少なくとも、日本の国のために断食をして祈る人が2万人以上起こされるように祈ります。あなたもその一人となって、来年の断食祈祷聖会にぜひご参加下さい。ご来場お待ちしています。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月10日(水)14時09分33秒
  「断食祈祷聖会2018⑤」《Now watching 536》  

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月10日(水)05時43分14秒
  「後悟るべし ~せいじかのおしょくじけん~」

子どもの頃、たびたび「せいじかのおしょくじけん」という言葉を、TVやラジオで耳にしました。

「政治家になると『お食事券』をもらって、好きなものを食べられるのか?いいなー。政治家になろうかな!?」と思ったことを懐かしく思い出します。

大人になって、「お食事券」ではなく、「汚職事件」のことだったと知って、思わず笑ってしまいました。

「今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」(ヨハネ福音書13章7節)と聖書は語ります。

今は、とても感謝できないし、「何で私ばっかり貧乏くじを引かされるんだろう?」と感じる出来事が起こっているかもしれません。

また、大きな失敗をしてしい自責の念に苛まれているかもしれません。

神抜きの人生は、マイナスはマイナスで終わるかもしれません。しかし、神を信じる人生は、すべてのマイナスがプラスに変わります。

手のない人の手が生えてくるのも素晴らしいことです。でも、手がないままでも、手があるよりも良い人生を生きられたらもっと素晴らしいことです。

さらに聖書を引用します。

「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを私たちは知っています」(ローマ人への手紙8章28節)

「マイナスがプラスになったことが後でわかる」ということです。

「今はわからなくても、後に良くなることがわかる」と信じましょう。クヨクヨすることをやめて、先取りして喜び、感謝して生きましょう。

マイナスをプラスに変えてくださる神と共に一日を始めて下さい。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月 9日(火)21時00分6秒
  「パスターズ+2」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 9(火)【997】)

昨晩同様、牧師4人と女子高生2人のバンドで聖会(集会)を導きました。

昨晩は、霊的SMAPと霊的あみんとか言いましたが、ちょっと無理があると感じたので、今日は、パスターズ+2にしました。

感動し、心燃やされました。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月 9日(火)18時41分57秒
  「断食祈祷聖会2018④」《Now watching 535》  

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月 9日(火)13時18分13秒
  「断食祈祷聖会2018③」《Now watching 534》  

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月 9日(火)08時04分25秒
編集済
  「断食への招き①」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 9(火)【997】)

聖書が教える断食とは、神様との取引とか、ご利益を期待しての業ではありません。弱さを知り、砕かれ、神だけを求める姿勢を持つのに有効であり、何かに熱中すると寝食を忘れてしまうことがありますが、それほどまでに神様に夢中になる姿勢なのです。そして、生きるか死ぬかの不退転の覚悟を持った祈りなのです。

断食祈祷聖会のニュースレターへの執筆を依頼されたものを分割して掲載します。今日はその第一です。

今から20年前、私は駆け出しの伝道者として歩み始めました。若い私には未来への希望だけしかありませんでした。しかし、「このままの状態で一生を終えたくない!」と思って、飢え渇きをもって神に祈っていました。

1、ビル・ブライトとの出会い

キャンパス・クルセード・フォー・クライスト(CCC)のビル・ブライトの著書、「カミング・リバイバル」(パトモス社)と出会いました。「わたしの名を呼び求めているわたしの民がみずからへりくだり、祈りをささげ、わたしの顔を慕い求め、その悪い道から立ち返るなら、わたしが親しく天から聞いて、彼らの罪を赦し、彼らの地をいやそう。」(第二歴代誌7章14節)が引用され、「これは断食の祈りである。200万人のクリスチャンが国のために40日断食して祈ってほしい!」と訴えていました。私はこれを神からのチャレンジとして受けました。その頃、東京の淀橋教会で第一回断食祈祷聖会が行われ、これに参加しました。主講師はビル・ブライトでした。その力強いメッセージに雷に打 たれたような衝撃を受けました。それから20年後に、以後連綿と続いている断食祈祷聖会で奉仕させて頂ける神の恵みに感謝を致します。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月 9日(火)05時02分12秒
  「本当の友はあなたの失敗を喜ばない」

「人の不幸は蜜の味」と言います。自分より不幸な人の話は、どこでもウケます。

「自虐ネタ」「不幸自慢」で「人から受け入れられている」と勘違いしていませんか?

表面的に同情してもらうことで、「自分の居場所」を作っていないでしょうか?

「失敗」や「不幸」を話してばかりいると、いつの間にか「不幸自慢」になっています。

「貧乏自慢」もよく聞きます。「自分がいかに貧しく、ギリギリの生活をしているか」を切々と語ります。実は、「貧しい」ことを「自慢」しているのです。

病院では、「病気自慢」をよく聞きます。

あなたの「不幸自慢」を喜んで聞いてくれる人がいますが、その人は自分のために喜んでいるにすぎません。心からあなたを同情しているのではありません。

ですから、「失敗」や「不幸」を話す時は、それを「どう乗り越えたのか?」、そこから「何を学んだのか?」、その失敗が「どのようなプラスに変わったのか?」を語りましょう。

それに心から賛同してくれる人こそ、あなたを本当の意味で思いやり、応援してくれる仲間です。親が子の成長を願い、喜ぶように、真の友は、あなたの成長を願う人です。

「喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい」(ローマ12:15)と聖書は語ります。

そんな友こそ最高の宝です。互いに、そんな友となれたらいいですね。これからもよろしくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月 8日(月)22時15分30秒
  「キリスト教界のSMAPとあみん。即席バンド」
(一日一シャ〈謝と捨と洒と写〉2018/1/ 8(月)【996】)

断食祈祷聖会2018の1日目の夜は、男の牧師4人と女子高生2人の6人のバンドで集会の前半の賛美を導きました。

男の牧師4人が霊的SMAP(SMAPはもう解散してしまいましたね)と女子高生2人が霊的あみん(岡村孝子と加藤晴子の女の子2人の音楽グループ)。

楽しい即席バンド結成。

サウンドチェックに時間を取られて、リハの時間は10分弱。にしては、よくできました?

写真は撮り忘れてしまいました。

明日は、もう少し練習しなくっちゃ。

断食集会の後なのに、食事をしに行ってしまいました。

中身の濃い、楽しい1日でした。
 

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月 8日(月)18時33分28秒
  「断食祈祷聖会2018②」《Now watching 533》  

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月 8日(月)11時03分58秒
  「断食祈祷聖会2018①」《Now watching 532》  

(無題)

 投稿者:菅野 直基  投稿日:2018年 1月 8日(月)07時04分45秒
  「明日の心配をやめて、今を生きて!」

キリストは、「あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。」(マタイ6章34節)と語られました。

「明日のことを心配しない」生き方は、「なるようになる『ケ・セラ・セラ(Que sera sera)』」人生とは少し違います。

「なるようになる」と考えて自然体で生きることも素晴らしいですが、明日に向かってのビジョン、目標、計画を持って、全力で生きて行くことが大切です。

「明日のことを心配しない」生き方は、「今日のことに一生懸命」に生きて、「明日の心配を締め出してしまう」生き方です。

聖書は、「あなたがたのうちだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。」(マタイ6章27節)と語ります。

「明日への心配」をやめて、「今を生きることに集中」してみたらどうでしょうか。

人は、二つのことを同時に考えることはできません。「今日の今に集中」している瞬間は、「明日への心配」をすることはできません。

「明日への心配」は、「今に集中する」ことをやめた時に始まります。

明日になったら問題が解決しているかも知れませんし、依然として問題があっても、明日になってから心配したらいいのです。

「橋は、橋のたもとに来てから渡る」ことと似ています。

キリストが教える生き方は、「今日一日の枠の中で生きる」ことです。明日になったら、明日が今日になり、その時から、また「今日一日」を生きたらいいのです。

今日一日を、私に与えられた「唯一の日」と考え、「最高の日」として全力投球で生きて行きましょう。祝福を祈ります。
 

/135