teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


test

 投稿者:test  投稿日:2009年 1月26日(月)15時21分3秒
返信・引用
  ضصثقفغعهخحجدشسيبلاتنمكط\ئءؤرلاىةوزظ
嘅呀吓
 
 

LSJの使用上の注意

 投稿者:お豆腐  投稿日:2008年 1月26日(土)23時09分54秒
返信・引用
  アルファさん、「使用状の注意」とはこれらのことでしょうか。

Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon

Aids to the Reader
http://www.perseus.tufts.edu/cgi-bin/ptext?doc=Perseus%3Atext%3A1999.04.0057;query=section%3D%233;layout=;loc=

I. Authors and Works
http://www.perseus.tufts.edu/cgi-bin/ptext?doc=Perseus%3Atext%3A1999.04.0057&query=head%3D%236

II. Epigraphical Publications
http://www.perseus.tufts.edu/cgi-bin/ptext?doc=Perseus%3Atext%3A1999.04.0057&query=head%3D%237

III. Papyrological Publications
http://www.perseus.tufts.edu/cgi-bin/ptext?doc=Perseus%3Atext%3A1999.04.0057&query=head%3D%238

IV. Periodicals
http://www.perseus.tufts.edu/cgi-bin/ptext?doc=Perseus%3Atext%3A1999.04.0057&query=head%3D%239

V. General List of Abbreviations
http://www.perseus.tufts.edu/cgi-bin/ptext?doc=Perseus%3Atext%3A1999.04.0057&query=head%3D%2310
 

書き忘れました

 投稿者:アルファ  投稿日:2008年 1月19日(土)22時17分54秒
返信・引用
  Ⅰの最後でⅡの直前に↓が抜けていました。
同様に、ἐπ ὅπως はプラトンの文献に用例があり、これだけで、注意を払う、付き添うの意味になりヘロドトスの文献に用例がある
 

(無題)

 投稿者:アルファ  投稿日:2008年 1月19日(土)22時08分16秒
返信・引用
  ほんとだ。ἐπεμελεῖτο+属格と、ἱκανοὶ+不定詞がわかるとすらっと読めるんですね。
辞書はINTERMEDIATE LEXOCONを使っていますが、当然のことなので省略しているのか「使用上の注意」のページがないので、どうもまだよく使えていません。
ἐπι-μελέομαι and -μέλομαι:-f.μελήσομαι: aor. Ⅰ-εμελήθην: pf. -μεμέλημαι: Dep.:-to take care of, have charge of, have the managenent of a thing, c. gen., Hdt., Att.; περί τινος, ὑπέρ τινος Xen.:-c.acc. et inf. to take care that . . , Thuc., etc.; so, ἐπ ὅπως Plat.:-absol. to give heed, attend, Hdt.  Ⅱ. in public offices, to be curator of, Xen., Plat.  Hence

ἐπιμελέομαιとἐπιμέλομαιの意味 :未来形はμελήσομαι :アオリスト過去はἐπιεμελήθην: 1人称複数はἐπιμεμέλημαι このアオリスト過去と1人称複数は次のⅠの意味だけで用いられる Ⅰ :受動形だけど意味は能動形の動詞 :面倒を見る、世話をする、管理する, ←は属格とともに用いる, ヘロドトスの文献に用例がある, アッテカ方言である, περί+人の属格や、ὑπέρ+人の属格と用いるのはクセノポンの文献で見られる:  対格または不定詞とともに用いる→注意する. . ,ツキジデスなどの文献に用例がある Ⅱ公職に就いている、議員である, クセノポンやプラトンなどの文献で用例がある

でしょうか。
 

1.1.5後半

 投稿者:お豆腐  投稿日:2008年 1月18日(金)21時52分36秒
返信・引用
  ちょっと待ってください。1.1.5後半をもっと良くみておきましょう。

παρά
 παρά+属格 「・・のそばから」
 παρά+与格 「・・のそばで」
 παρά+対格 「・・のそばへ」「・・に反して」
ἑαυτῷ 再帰代名詞(主語と同一の人や物を指す)。3人称・単数・与格。「彼自身(に)」。
βαρβάρων 形容詞βάρβαροςの複数・属格。「ギリシア語以外のわけのわからない異国語を話し教養が無く粗野で野蛮な」(ギリシア語を話す人には異民族の理解不可能な異国語が「バルバル」と聞こえたことがこの言葉の語源だそうです)。
ἐπεμελεῖτο ἐπιμελέομαιの直説法・中受動相・未完了過去・3人称・単数。(属格と共に用いられ)「配慮する、気遣う、面倒をみる」。
ὡς ここでは目的節を導く接続詞として。(第一次時称の後では接続法、第二次時称の後では希求法を伴い)「~するために」。
πολεμεῖν 動詞の不定詞。(与格と共に用いられ)「戦争をする」。
τε そして(and)
ἱκανοὶ ἱκανόςの男性・主格・複数。(不定詞や対格と共に用いられ)「~できる、能力のある、有能な」。
εὐνοϊκῶς εὐνοϊκόςの副詞形。「好意的に、親切に、親しく」。
εἴησαν ἐιμίの希求法・能動相・現在・3人称・複数。
ἔχοιεν ἔχωの希求法・能動相・現在・3人称・複数。(副詞、前置詞句等の副詞的表現と共に用いて)「或る状態にある、或る状態を続ける」。
αὐτῷ 単数・与格。「彼に」。

その前の文の構文から推測して、文頭にὅστιςが省略されているのではないかと考えてしまうところですが、ἐπιμελέομαιは属格をとるということですから、οἵ παρ᾽ ἑαυτῷ βαρβάροι を「彼のそばにいる異民族達」(意訳して「彼の支配する異民族達」)という名詞句だと考え、この名詞句の属格形をἐπιμελέομαιは目的語としてとっていると分析することが出来ます。

また、ἱκανόςは不定詞をとるということなので、πολεμεῖν ἱκανός εἶναι は「戦うことに有能である」というふうに解釈できます。
 

(無題)

 投稿者:アルファ  投稿日:2008年 1月17日(木)23時37分50秒
返信・引用
  年末年始にサボっていたら、覚えたことをすっかり忘れてしまいました。
入門者のひとがほかにも参加してくれるといいんだけど。

(キューロスは)ギリシア人の兵力を結集したが、王が準備をしないように、
細心の注意を払ってそうとはわからないようにした。

訳もなんか変だ。
 

1.1.6の1

 投稿者:←テキストの段落番号  投稿日:2008年 1月 7日(月)21時22分1秒
返信・引用
  τὴν δὲ   Ἑλληνικὴν δύναμιν ἥθροιζεν ὡς μάλιστα ἐδύνατο ἐπικρυπτόμενος, ὅπως ὅτι ἀπαρασκευότατον λάβοι βασιλέα.  

トライ

 投稿者:アルファ  投稿日:2007年12月27日(木)21時01分12秒
返信・引用
  そして、異民族で彼のところへ来た者たちについては(誰でも)、戦争勃発時には
戦力になるように、そして彼自身に味方するようにと、世話をしていた。
 

レンタル掲示板
/1